2015年01月03日 (土) | 編集 |
Waltz  キュマバロウ  作詞・作曲・編曲 : Naoko ohsawa / 歌 : キュマバロウ
世津 茅早がいつもヘッドフォンで聴いていた一番印象に残った曲
最初は全部英語かと思ったほど独特な歌い方です

メイン主人公?高槻東吾
ちょっと口の悪さ・暴力思考な点はありますが・・・理想的なカッコイイ男像が描かれているような気がします
そういう面では女性も楽しめるゲームなんじゃないでしょうか

DUNAMIS15は、生きるとはなんなのか?をテーマに、記憶に残るとても素晴らしい作品でした
シュタインズゲートに並ぶ個人的殿堂入りゲームになりました

公式ページリンク
  


        世津
               世津 茅早が、あまりにも仏頂面なので・・・
          高槻がいきなりほっぺたをつまんだシーンが最高でした



ウォーリーを探さないで下さい・・・(◎o◎)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック