2014年07月03日 (木) | 編集 |
科学ADVとは?
Chaos;Head、Steins;Gate、Robotics;Notes、Chaos;Childは”99%の科学と1%のファンタジー”を
テーマに掲げたアドベンチャーゲーム。  2008年から現在までに全3作、外伝4作が発売されており
第2弾のSteins;Gateは5万本売れれば大ヒットと呼ばれるADVゲーム市場において
シリーズ累計60万本という異例の売り上げを残した。


STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム
少しずつ楽しんでおります  シュタインズゲート本編をなぞりつつも微妙に違う世界線?
岡部以外のキャラクターが、どういう考え&どういう気持ちだったのか描かれていて
本編で語られなかった、キャラクター毎の視点で10のストーリーが楽しめます

アルパカマン&指令
アルパカマン
さっそく変なキャラクターが出てきて面白いです

アルパカさん

常に群れをなして暮らし、現地では1年中放牧されていて、草や苔を好んで食べる。
通常時は「フェ〜」「フーンフーン」などといった鳴き方をするが、危険を感じると警戒の声を発する。

毛を利用するために品種改良された家畜であり、その毛は今日でも広く利用されている。
極めて良質な体毛を具えており、衣類を始めとする生活用品への体毛の加工利用が品種改良の目的であった。

日本では2008年(平成20年)、マスコットキャラクター的位置づけで
株式会社クラレの企業CMに起用されたことをきっかけとして人気に火が付いた。

自分は見たことあったかな~?って感じで、アルパカの事は、ほとんど知らなかったです




実写版★舞台キャスト 

とっくに舞台公開は終わっているようです

 

 
シュタインズゲートはこのジャンルのゲームでは異例の大ヒット作品ですが
さすがに映画化とかはないのかな?


FPS★中毒・依存症の恐怖・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック