• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2014年05月26日 (月) | 編集 |






大友 克洋(おおとも かつひろ)
1954年4月14日  日本の漫画・映画監督。血液型A型
1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。
ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成など
それまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。
息子はイラストレーターのSHOHEI(大友昇平)。

1988年、自作を元に自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を得
「ジャパニメーション」と呼ばれる  日本国外における日本アニメムーブメントのさきがけとなった
近年は主に映画監督として活動している。




全体的にすごく完成度高く、成田山のステッカーなど細かい部分も再現されてます
しかしアニメと比べると若干タイヤが小さく感じます
実際に曲がる時など考慮して作るとこの大きさが限界なのかもしれません
あとはやはりヘルメットを被るとイメージと大分変わってしまいます


芸能山城組『金田のテーマ』 AKIRA 『KANEDA』
バリのガムランや日本のお経など、さまざまな民族音楽や唱法を取り入れた「輪廻交響楽」発表。
これを聴いた大友克洋から楽曲の借用を要請されたのをきっかけに、『AKIRA』のすべての音楽を担当し
1988年に「Symphonic Suite AKIRA」として発表。
1990年に「翠星交響楽」発表。その後も世界各地の民族音楽の研究と発表を続けている。




FPS★中毒・依存症の恐怖・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック