• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年11月15日 (金) | 編集 |
ステ4
全体的に成績ももよくなったきましたが、スキル値は頻繁に上下するので不安定です

勝利
ステ
順位
この試合は前半20分の時点では、既に負け確定かな~と思うほど差がついていたのですが
後半15分で盛り返して奇跡の逆転勝利!! 
両チーム長丁場で心身ともに限界だったように感じます・・・思い出に残る試合になりました

MVP★20~26回目の軌跡
中間
順位

ステ
MVP26.jpg


FPSをプレイすることは脳にイイらしい?!
どんなゲームをプレイするかによって、脳への影響も違うという研究は以前からありました。
ゲームが脳に与える影響に関しては、悪影響があるなんていう報告もありますが、ぼけ防止
うつ症状やPTSDなどを軽減させるのに役立つなど、ゲームがいい影響を与えるという報告もあるのです。

今回発表されたトロント大学の研究によれば、FPSなどの「アクションゲーム」をプレイすると
視覚情報を瞬時に認識する能力や注意力が向上するそうです。

視覚認識能力と注意力は、日々生活する中で行われる「重要な日課」にとても重要な能力だとも語っています。
例えば、車の運転やパソコン画面内の情報をモニターするなど、いろいろな日常生活での能力が向上する。

プレイヤー自身の選択を要求するゲームはFPSだけではない。ただ最も素早く直感的な判断が必要とされ
その判断に瞬時に結果が示されるジャンルではあると思う。プレイヤーは問題(敵)に直面すると同時に
今どうするかの判断を次々に行わなければならない。引き返す・前に走る・リロードする・エイムする・撃つ
グレネードを使う・近接攻撃する・後退する・助けを呼ぶ、などなど。

シューティングゲームはリアルタイムで素早い判断が要求される、頭の良い人のための頭を使うゲームだ。

参考サイト:kotaku


しかしプレイ時間は適度にしたいところですね






MHF★洗脳・調教・監禁とは?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。