2020年03月31日 (火) | 編集 |

全体を通して竹中直人の藤吉郎ではじまり、藤吉郎で終わるといった感じでした




前作はソロにこだわりましたが、今作ではNPCまれ人を常に呼んでいたので
個人的にはなんとかなる適度な難易度で楽しめました

やはり時代設定があるので最初から最後まで同じようなMAPだったのと
後半は敵の配置換えだけで、使いまわしも多かった気がします

次回はフロムにはない独自のやり込み要素で違う世界観を期待したいです

多分コンプリートエディションがでるのはPS5で発売後位だと思うので
その時にまたやり込みたいと思います

仁王2LV130ステ

仁王2LV130落命回数

仁王2LV130その他


ふぁんしーあいらんど♪NEW!ウォーリーを探せ!!


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック