2019年07月11日 (木) | 編集 |
DPoWzkmW0AAvWNZ.jpg
平均70歳のeスポーツのメンバーがいるそうです
特に対戦FPSは反射神経が重要なので、年齢によるハンデが大きくなっくる中で
こういうチームが存在するということは励みになりますね
MHFで昔記事にもしましたが、既に年金を貰ってる年配のハンターさんもいました

海外のゲームプレイヤーの年齢比率
・18歳以下 26% 18歳から35歳 30% 36歳から49歳 17% 50歳以上 27%

引用元GAME SPARK

日本でも最近はそうでもないですが、一昔前はゲームは子供趣味というイメージでしたが
最近は特に海外ではそういう傾向は少なくなっているようです、というか
上記のデータをみると50歳以上が18歳以下の比率を僅差で上回っているのに驚きです
高齢化社会ということで、この比率はどんどん大きくなっていくと予想されます

ゲームは認知症防止になると研究で実証済み
ただ受動的にTV観るだけだと認知症が進むのに対して
自分で考えて操作するゲームはボケ防止繋がるという事
実際に老人ホームでもゲーム機の導入が増えてきているようです

まだまだゲームが趣味ですとは大きな声では言えない時代かもしれませんが
最近ではeスポーツ・プロゲーマなど人口も増えてきていますので
ゲーム=オタクな趣味というイメージもなくなっていくかもしれません??

自分は両方プレイしますが、アニメ系ゲームとFPSシューターなどでは
同じゲーム好きでもジャンルによってイメージが違うのはしょうがないですね


67歳とは思えないプレイです・・・比べれば自分はまだまだ若いので、年齢を言い訳にするのも恥ずかしいです


ふぁんしーあいらんど♪NEW!ウォーリーを探せ!!