• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年08月19日 (水) | 編集 |

普段は豆腐にネギで食べるのですが、やはり夏なら茗荷ですね

独特の香りが好まれ、また特有の紅色が目を楽しませる。これにより香辛菜として蕎麦・素麺・冷奴などの
薬味として利用される。そのほか、天ぷらや酢の物、味噌汁の具など、独立した食材としても用いられる

食べると物忘れがひどくなる?!
と言われているが学術的な根拠はなく、栄養学的にそのような成分は含まれてない
逆に近年、香り成分に集中力を増す効果があることが明らかになっている。
無機成分では窒素とカリウムが多く含まれ、食物繊維(粗繊維)が多い。


茗荷料理の謎に迫る




NEW!ウォーリーを探せ!初体験o(^▽^)o
コメント
この記事へのコメント
夏と言えばミョウガですよね。
先日、久しぶりに実家に寄生帰省して母のみょうがご飯を食べました。
2015/08/19(水) 15:11:53 | URL | リドル #-[ 編集]
こんにちは@@
自分も昔、祖母の家でよくでたので、それで好きになった記憶があります
しかもその茗荷は庭で採れた自作だったようで、結構育てやすいみたいですねv-22
2015/08/19(水) 16:51:18 | URL | 野良猫マイスター #EZ20Y46k[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。