2015年05月05日 (火) | 編集 |

旧作との大きな違い
旧作はロボコップになって人間としての感情はほとんど失っていますが、少しずつ人間性を取り戻していきます

新ロボコップは、初めから人間の心・感情が、そのまま残っていて
自分の体がほとんど機械になってしまった事に絶望感を感じ涙まで見せます
現実を認めて立ち直っていく姿、機械の体で家族との再会のシーンなどが印象に残りました 
ロボコップの活躍シーンは少なめで、悪役もイマイチわかりにくく 後半は駆け足で終わってしまいます

ヒーローが活躍する映画として見れば旧作ロボコップの方が断然面白いとは思いますが
人間の心をそのまま残したロボコップは旧作とは違う視点で良い作品だと思います


ハンガーゲーム2
独裁国家でほんの一部の人だけ裕福という・・・最悪の世界感
今作2では独裁国家にみんなで立ち向かう方向で話が進んできますが
最後はここで終わり?!という感じで先が気になります・・・・ 


ウォーリーを探さないで下さい・・・(◎o◎)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック